北の旅びと

旅の途中にて

桜の木の下で

寒さに耐えて

一気に花を咲かせ

そして僅かな時間の後に

潔く散る様は

日本男児の鏡の如し


今更ながら倭の心

襟を正し

想いを深く巡らせる


[ 2018/04/12 06:10 ] メッセージ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する