北の旅びと

旅の途中にて

七夕にて

空では年に一度のサプライズ

おいらは地上でかけずりまわる

仕事をしなくちゃ あせるのです

遊んで暮らせる人ならいいけど


忙しいのは嫌ですね

仕事の質が粗くなってしまう

丁寧とは行かないまでも

じっくりなっとく出来るように


いい加減なやつにはなりたくない

そんな風に思われたくもないのです

男はいつも独りで生きるけれど

それは仕事の時だけなのです


寂しがりでぶきっちょなのです

[ 2018/07/06 06:10 ] 仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する