北の旅びと

旅の途中にて

風の方向

親は子に与えるだけで去っていく

背中を見せて教えを心に届かせる


やがて老いて消え去るまでに

たくさんの想いを投げ続けていく



気がついた頃にもう その人はいない

今度は自分の番だと気がつくのだ


向かい風なら 翼が無くても

飛べそうな気がしてくるような...



それを教えたくて

生き続けていくのだろう


[ 2018/05/29 06:10 ] シーン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する