北の旅びと

旅の途中にて
カテゴリー  [ メッセージ ]

ひさしぶりなら

なれあいから生じた
誤解と恩讐は
既に過去の代物となって
ひなびたひきだしの中にある

ときどき取り出してみると
あやしい輝きを放っていたり
あるときは干からびて
湿った粉にまみれたり

それでも懐かしく想ってしまうのは
費やした時間の重さなのだろう

男と女は光と影
運命の引力に逆らってみても
それぞれが向き合っていれば
離れずに済むものを...

織姫と彦星の昔から
後悔はメモリアル
[ 2017/07/07 06:10 ] メッセージ | TB(-) | CM(0)